FC2ブログ

白鳥は・・・。

白鳥は悲しからずや

「白鳥はかなしからずや空の青 海のあをにも染まずただよふ」 

 若山牧水のこの歌の「白鳥」はカモメだそうですが,わたしにはどうもハクチョウに思えて来るのです。
 宮澤賢治の詩集「春と修羅」にある「白い鳥」もハクチョウに思えます。なんか重量感があることで詩や歌が落ち着くっていう気がします。飛んでいる鳥の重量感というのは,意外と読む人にとって大切なイメージなんですね。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント