FC2ブログ

「春の・・・」

春春を感じさせる水面
春2春を感じさせる光

 「青空文庫」で「春の・・・」で短編を読んでみる。
 「春の賦」薄田泣菫。「春の鳥」国木田独歩。
 奇妙な共通点があって,どちらの主人公も「空を飛ぶ」ということについて書かれている。
 人が空を飛ぶという夢は,春のうららかな天気のときに思うものなのだろう。
 「春の賦」薄田泣菫のその件を読むと
いつの時代のことだつたか、支那に馬明生といふ人があつた。そのころ仙術といふものが流行(はや)つて、それに熟達すると、ながく老といふことを知らないで生きながらへることができるのみか、人間の持つ願望のうちで一番むづかしいといはれる飛翔すらも容易(たやす)くできるといふことを聞いた彼は、早速安期生を訪ねて、弟子入りをした。安期生はその道の第一人者で、さういふことにかけては融通無碍(むげ)の誉れを持つてゐた。
 馬明生は師についてながい修業の後、やつと金液神丹方といふのを伝授せられた。この神丹を服用すると、その人はいつまでも不老不死で、そしてまた生身(いきみ)のままで鳥のやうに空を飛ぶことができるといふことだつた。
 ながい希望を達して得意になつた彼は、人々に別れを告げて華陰山の山深く入つていつた。そして教へられた通りの秘法で仙薬を錬つた。
 彼はできあがつた薬を大切さうに掌面(てのひら)に載せた。顔にはほがらかな微笑さへも浮んでゐた。
「わしは、今これを服さうとしてゐるのだ。次の瞬間には、わしの身体は鸛(こふのとり)のやうにふはりと空高く舞ひ揚ることができるのだ。大地よ。お前とは久しい間の……」
 彼はかういつて、最後の一瞥(いちべつ)を長い間の昵懇(なじみ)だつた大地の上に投げた。
 その一刹那、彼の心は変つた。彼は掌面に盛つてゐた仙薬の全分量の半分だけを一息にぐつと嚥(の)み下したかと思ふと、残つた半分を惜し気もなくそこらにぶち撒けてしまつた。
 飛仙となつて、羽ばたきの音けたたましく大空を翔(か)けめぐるべきはずだつた馬明生の体は、見る見るうちに傴僂(せむし)のやうに折れ曲つて、やがて小さな地仙となつてしまつた。
どうして馬明生は鳥になることを最後にやめたのだろうか。また,「春の鳥」に出てきた六という子は鳥になれると思ったのだろうか。
 とにかく,春は人を夢に誘うようである。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント