FC2ブログ

雨のブナ林

雨のブナ雨の日のブナ(栗駒山
雨のブナ2見上げれば(栗駒山
雨のブナ4幹の表情(栗駒山
雨のブナ3帰り道。振り返って。(栗駒山

 ぶなの木の青葉明かりの九折坂(つづらおり)馬は下り来る頭の上を    川田順

 雨の日は雨でいいものです。静かな山歩きができます。わざわざ雨の日を選んで静かな山歩きを楽しみたいときもあります。足元の景色が愛おしく思いたいときです。雨の日は普段は見逃しがちな自分の足元の花がきれいに見えます。しっとりした空気を感じて歩くと,心のざわめきも去り,おぼろげな彼方に霧が流れていくばかりです。

 板谷栄城のコラム集「賢治小景」の中に「田園の色」というコラムがあり,文中ニュートンは音と光との同調を考え,「ハは赤,ニは橙,ホは黄,ヘは緑,トは青緑,イは青,ロは紫」と対比させていたそうです。そこで私はこの緑を思い浮かべながらブナの緑はどの音階に合うのか試してみました。結果「ホ」か「ヘ」かなと思いました。どうも音感のない私には難しいようです。(笑)
賢治小景賢治小景
(2005/12)
板谷 栄城

商品詳細を見る


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: nittaさんへ

> こんばんは。
こんばんは。あさのしんさん。
いつも温かいコメントありがとうございます。
中学2年の頃から山歩きを始め,最初に感じた魅力が忘れられず,現在でも続けています。写真も山に行ってあの景色をそのまま撮って帰りたいという気持ちから始めたのでした。今では,前の喜びとは違った見方でまた味わえるようになってきたなあと感じています。写真の質も少し変わってきた感じがします。どうぞまた来て下さいね。わたしもいい写真撮れるようがんばります。

Re: メルヘン

fmachanさん。いつもありがとうございます。
そうなんです。熊はなんともこわいもので,気をつけています。殆どが一人で出かけるものですからガサッというとすぐビクッとなってしまいます。ベルなどを着けて,お互い気をつけて歩きましょう。

Re: こんにちは

ゆきうさぎさん。ありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいです。
山に行くと,ほっとするし,自分の時間が戻ってきたような気持ちになるんです。
新しい景色に出会うことも楽しみですが,あそこでは今ハルゼミが鳴いているだろうなあ,あそこのからまつは芽吹いたかしら,とか昔の出会いの感激をもう一度味わいたいという気持ちもあるんです。
これからも山の風景をアップしますから見に来て下さいね。ありがとう。

Re: おはようございます

Plateauさん。いつもありがとうございます。
Plateauさんにそう言っていただくと,ほんとに嬉しいです。
もともと山歩きが好きで始めた写真ですが,今年はいろいろな役も終わったので,休みは山三昧ができそうです。とはいえ,腹の周りが目立ってきて,そしてやせにくくなったという緊急事態のためのウォーキングなんですけど・・・。
自然の中に一人いるのが一番性に合っているようです。

Re: タイトルなし

クレソン坊やさん。いつも見ていただきありがとうございます。
そうですよね。雨の日の山歩きは楽しみが半減した気分になりますよね。
特にパノラマがよい処に行く気だと私も延期してしまいますよ。このように林の中を歩いたりするくらいなら雨の日もいいですけどね。気をつけていってラして下さい。

nittaさんへ

こんばんは。
雨の日の山歩き・・
とても羨ましいです。
都内に住む私には、手を伸ばしてもなかなか
日常では味わえない空間です。

お写真とても美しいです。

音と光の同調は、なかなか興味深いです。

メルヘン

この近くに山はあります。
こんなにもの大きな木はありません。
メルヘンを感じます。
クマ出没情報が出るようになってからは昨年秋より散歩道を外して居ります。
こんな映像を見ますと行きたくなります。

こんにちは

ページを開いた途端に飛び込んできた
美しい緑と、大きなぶなの木。まるで自分がその場に
いるかの様に錯覚し、心が震えました。

 「ホかへ」ということは「ミ・ファ」辺りですね♪
ぶなの木を見ていると音楽が聞こえて来そうです

おはようございます

いつも拝見していて思うのですが

こちらには無い
広い大きな自然の 余裕というか
懐の深さを感じます

そして 爽やかな余韻が残ります

おはようございます。
雨の日に山に行くのはものすごく億劫になります。
アプローチがいやなんです。
でも入ってしまえば、このような鮮やかな色の世界に出会えるし匂いも独特の新鮮さがありますよね。
それが分かっていても小生は今週予定していた山をあきらめました。
でも、この写真を見て来週はどうしようか悩み始めました(笑)
非公開コメント