FC2ブログ

秋田駒ヶ岳へ-コマクサ編-

 今日はいよいよコマクサの紹介です。
 思いが叶い,コマクサの咲く大焼砂(おおやけすな)の下部に着きました。
コマクサです。
目の前にコマクサが咲いています。あそこにも,ここにも・・・。
 私はもう,ただうろうろと歩き回るだけです。あっちのコマクサへ。こっちのコマクサへ。登り,下り,伸び上がり,寝転び,のけぞり・・・。そんな私の姿を見て,コースを変える人もいました。当たり前ですよね。登道でイナバウアーしている男を見たら,誰だって引くと思います。他の登者の方はただ通り過ぎていきます。
コマクサ1コマクサの彼方は霧
コマクサ2砂礫の中に灯る花
 どのように撮ったら,このコマクサはきれいに見えるのだろう。もう,ただそれだけです。上へ下へ走り回ります。ふと気がつくと,ゲーッという鳥の鳴き声が何度も聞こえます。ホシガラスがこちらを見て,しきりに警戒音を上げていたのです。変な男が走り回っていると思ったのでしょう。
大焼砂全景大焼砂全景 ピンクの点がすべてコマクサなのです。すごい数です。ここのコマクサは日本一と言っていた人がいましたが,本当にすごいです。
コマクサ3 ふと,我に返りました。時計を見ると,もう1時30分なのです。10時30分にここについてから3時間もたっているのです。私はうろうろと3時間もしつこくコマクサの周りをうろついていたのです。
コマクサ4コマクサを見ていますと,花や葉に大きな露をためています。
 今朝見れば屋根の上にして駒草に白々むすび露ぞおきたる  土屋文明谷集」
コマクサのポイントは露ですね。
コマクサ5コマクサの花はこの両側の花弁が開き,反り返っていくんですね。コマクサの種は黒いそうですが,少しもらって育ててみたいと思いました。
コマクサ6しかし,見事な群生です。3時間もいて,見飽きません。
コマクサ7どうしてこんなに過酷な条件の場所に,こんなに可憐な花が育つのでしょう。与えられたものだけで育つという,「結晶」に似たイメージがコマクサにはあると思います。
コマクサ8また来年必ず来るからね。また元気で会おう。

さて,「コマクサ咲く秋田駒ヶ岳へ」は,次回,星空編をお送りします。本当に久しぶりに見た星空。きれいでした。お楽しみに。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

> コマクサは群落でしかも他の花と同居していないので見つけると辺りはjコマクサだらけという一帯に入りこんでしまいますね。

言われてみればそうですね。あのような岩屑たらけの場所にコマクサは咲きます。


> 小生が群落を見ようとすると一番近いのは八ヶ岳の硫黄岳近辺でしょうか。そこまでいかないとだめでしょうね。> 北アルプスの燕岳もすごいですし、常念岳から燕岳への縦走路にも多く見られます。

ああ。いいですね。やっぱり花の山って。登る楽しみが倍増します。

コマクサは群落でしかも他の花と同居していないので見つけると辺りはjコマクサだらけという一帯に入りこんでしまいますね。
小生も好きな花です。とにかく山に行かないと見ることができませんしね。
秋田駒ケ岳ですかあ、遠いなあ。
小生が群落を見ようとすると一番近いのは八ヶ岳の硫黄岳近辺でしょうか。そこまでいかないとだめでしょうね。
北アルプスの燕岳もすごいですし、常念岳から燕岳への縦走路にも多く見られます。

Re: こんばんは。

G1さん。いつもありがとうございます。「薔薇物語」きれいでした。あのような作品つくりたいです。
私は伊豆沼,山,星が一番撮っててうれしいですね。特に今年は山です。がんばります。

Re: タイトルなし

いつも帰ってきてから思うんですが,あそこも撮っておけばよかった。あのような撮り方もすればよかったと思うんです。特に星空の場合は,現地ではきれいだと思っている訳ですから,つい冷静に考えない雰囲気で撮ってしまうのです。反省です。

こんばんは。

デジブックに嬉しいコメントを頂きまして~
本当に嬉しいです。。
ありがとうございました。

駄作の塊ですが~・・
師匠にアドバイスなど貰いながら~
頑張ってます。

秋田駒ケ岳はたったの2回しか行ってません。。。

コマクサの魅力に魅かれますが~・・・
自分にはまだまだ~撮れない難しい被写体のひとつです。。。

とっても優しくしなやか~。。
可愛らしい~コマクサ・・・

その裏側に隠された~
厳しさ過酷さを乗り越えた美。。


流石です!

ぽちぽち!☆☆

 コマクサ、栄養分の少ない場所に育つなんて不思議ですね。とても可愛らしくキレイです^^星空も楽しみにしています☆
非公開コメント