FC2ブログ

動物文学に寄せて

シカのお出迎え
6/12シカのお出迎え(五葉山)

 そんなに本を読んでいるわけではありませんが,自然のことが好きになり,大人になっても動物文学というジャンルの本を手に取ったり,動物の出てくる映画も見たりするようになりました。日本では椋鳩十の全集を読んだり,シートン動物記,戸川幸夫,ジャック・ロンドン,いろいろです。

 その中でもとても印象に残っている映画が,「ネバー・クライ・ウルフです。
Never Cry Wolf [VHS] [Import]Never Cry Wolf [VHS] [Import]
(2002/10/08)
Charles Martin Smith、Brian Dennehy 他

商品詳細を見る

 改めてデータを調べてみると,
1983年米,日本公開1984。監督:キャロル・バラード
製作:ルイス・アレン ジャック・コーファー ジョセフ・ストリック
製作総指揮:ロン・ミラー
原作:ファーレイ・モワット
脚本:カーティス・ハンソン サム・ハム リチャード・クレッター
撮影:ヒロ・ナリタ
音楽:マーク・アイシャム
出演:チャールズ・マーティン・スミス ブライアン・デネヒー ザカリー・イッティマンナク サムソン・ホーラ
これは野生動物のそのままを描き,秀逸でした。野生動物に対する考え方が変わったのもこの映画のおかげでした。タイトル通りオオカミの話ですが,人間と動物との交流を描いた本はいくらでもあるのに,これは違っていて人間など必要としない大地の営みが描かれているのです。


ちょっとひとおし
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
ありがとう
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

> 五葉山に大分昔に行ったことがあります。
五葉山。ツツジの季節にいいですね。
まずは計画を立てて,おもしろい題材みつけながら写真撮っていきましょう。

実はただ今,私のカメラも入院中なんです。望遠レンズも落としてしまうアクシデントにも見舞われ,ちょっと滅入っています。
でもなんとかある機材で撮っています。

五葉山に大分昔に行ったことがあります。。
何だか~アブが多くて追いかけられた事ばかり・・・(*_*;
そんな自分です。。

視点がちがいますね。。

鹿の優しい可愛らしい目とツツジの赤が効いて~傑作!ぽち☆~・・

「ネバー・クライ・ウルフ」?

観たことありませんでした。。
機会があれば観てみたいです。。

(=゜ω゜)ノ ☆
非公開コメント