FC2ブログ

栗駒山にある日本一の木

栗駒クロベ11_tonemapped-2-sssss
クロベ全容
栗駒クロベ11.3 487-2-sss大きく張り出した根
栗駒クロベ11.3 469-2-s
すごい樹幹です
栗駒クロベ11.3 534-s樹肌にも深い年月が刻み込まれています

栗駒山のガイドブックを見ていますと,栗駒山南面に「日本一のクロベの巨木」という文字。気になります。
しかし,山道を8キロは歩かなくてはいけません。2回ほど湯浜温泉と世界谷地から入り,場所を特定してやっと今日,日本一の木に会うことができました。6時間歩きました。しかし,出会った木は想像以上の力に満ちていました。人も通わぬ山奥で,1000年以上も生き続ける木に出会えて,自分のくだらない考えに喝を入れてくれているように感じました。ありがとうごさいました。私は1000年を生きた木を触りながら心の中で唱えました。
「いろいろあるけど,何とかやれる」

この樹木のデータ
樹種 クロベ
幹周 9.6m
樹高 20m
推定樹齢 1000年
「東北の巨樹・巨木」無明舎出版より
東北の巨樹・巨木東北の巨樹・巨木
(2007/07)
日野 東、葛西 英明 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: 千年王国

> 人は謙虚にならなければいけませんね。
> 「畏れなければ」と思いました。
> そうして、前に行くのですね。

何か仕方ない,仕方ないと自分の中でうわごとのように繰り返されています。
自分のことを考えても,なぜこんなに簡単に仕方ないと言えるのか,浅ましさを感じます。
景色を撮り歩いている自分なのに,なくなったものにはこんなにもあっさりとお別れが言えるなんて・・・。

千年王国

うわっ。 栗駒に、こんな木があったんですね。
やっぱり、自然は未知のせかいです。

「主(ぬし)」は、何処にでもいるようです。「海」・「川」・「沼」・「山」・・。
私たちが寝静まる夜に、月に輝らされたクロベの周りに、
「八股の大蛇」や「ダイダラボッチ」が出て来て、皆で栗駒山から下を見ている。
・・・と、想像させる立派さです。
大樹を神にしたことが理解できます。

人は謙虚にならなければいけませんね。
「畏れなければ」と思いました。
そうして、前に行くのですね。

沼の護岸工事を見ました。ばっさりとやられていました。
(畏れは無かったのでしょうか)
調査工事だそうです。・・・そして、本工事の設計。
億円レベルの工事になるそうです。まだ、始まりです。

  ありがとうございました。
非公開コメント