FC2ブログ

C11-325石巻復興号とC58-16

SL11.13 133-s
SL11.13 111-2-s
SL11.13 166-s
 今日は震災で遅れていた宮城県県議会議員選挙の日でした。投票が終わった午後,私はJR東北線の小牛田駅に向かいました。昨日今日と二日間,「SL宮城石巻復興号」が仙台-石巻間で運行されていたからです。

 遥か遠くから,薄日の差す宮城の空に高く,鋭く,そして懐かしく,C11325の復興を願う汽笛が鳴り響きました。入線してくるSLを見たとき,はっと思い出したことがありました。南三陸町の松原海浜公園にSLがあったことを思い出したのです。

 車にガソリンが初めて半分まで入った日に,私はまず入谷から南三陸町に入りました。4月3日のことでした。 水も飲めるようになり,食べることも少しできるようになったのが4月に入ってからでした。行かなくては,早く行ってあげなくてはという思いだけがだんだんつのってきていたのです。行って何ができるわけでもないのに,ただそのことだけを考えていました。
 そして,現地に着いたとき,私はただ呆然として空き地に車を停めて,泣いてしまいました。すべてが津波に流され,何もなくなっていたのです。
その中に横倒しになったSLがありました。C58 16です。 
被災地へ4.3 152-s
被災地へ4.3 114-ss
調べると,C58-16のデータがみつかりました。
C58-16
製造年月日  :1938年9月23日
製造所     :川崎車輌株式会社
走行距離    :3,676,414km
全長        :18.275m
幅         :2.936m
高さ      :3.940m
重量        :積車95t 空車75t
炭水車      :水15t 石炭5t
動輪直径    :1.52m
火格子面積   :2150㎡
ボイラー圧力  :16ks/c㎡
最大馬力    :330hp
シリンダー直径:0.48m
最高速度  :85km/h

 重量75tの鉄の塊が一瞬のうちに流される津波の巨大さに驚きます。
 そして1938年生まれの,この機関車が満身創痍ながら,津波に負けず,生き抜いたことも心に残ります。

 このC58-16は,昭和50年に引退し,気仙沼線の全線開通記念として南三陸町に来たのだそうです。

 その機関車がよみがえって,走ってきたように思ったのでした。
 復興の高らかな汽笛を鳴らしながら,爆走する機関車は,凱旋した希望のように感じました。
 石巻の人々はそのように復興のSLの汽笛を聞いたのだと思います。

 少しずつできることをやって行きながら,がんばりましょう。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

yachoさん。いつもありがとうございます。
少しずつ少しずつ癒えて行くにつれて元気になっていくのでしょう。
大変だと思いますが,
少しずつ少しずつ今日できることをつなげていってほしいです。

Re: タイトルなし

> 魂が宿っているようです。。
> 情けない事に、、自分も南三陸町に、たった。。いちにち。。
> ボランティア。。に、行っただけです。。
> あの、南三陸町の姿を見ただけで。。ショックで、、本当に情けない。。
>
> 今、自分に何ができるのか?。。。
> ずっと、、できる範囲の支援をすることでしょうか・・・・・・・。。
>
> 一日もはやい、復興をいつも願ってます。。

長く応援できたらと思っています。
そして,少しずつ少しずつ癒えていくように元気になってほしいです。

NHKスペシャル「助かった命がなぜ」を見ました。
私が、震災後すぐに危惧したことでした。

若い命は、だだ「生きるために」生きます。
理由は有りません。
途中で、色々な事を、記憶に詰め込みながら生きます。
やがて、それを糧に生きます。「糧」は、見聞きすることで蘇るのです。
「それ」が無くなってしまうと ・・・人の「こころ」は弱いものです。

仮設での生活は、厳しく、寂しく、不安の交雑した生活だといいます。

7月放送の、「復活」~山田洋次・SLを撮る~は、C61型でした。
やはり、伊勢崎市の公園に「休息」していた機関車です。
戦後日本の復興の象徴であった「SL」。
見聞きすることで、「糧」が復活します。

写真の中に、「糧」を見た様に思います。


今は、繋がるモノを何でもやっています。
これからも、永くやっていくでしょう。


   ありがとうございます。






魂が宿っているようです。。

情けない事に、、自分も南三陸町に、たった。。いちにち。。
ボランティア。。に、行っただけです。。

あの、南三陸町の姿を見ただけで。。ショックで、、本当に情けない。。


今、自分に何ができるのか?。。。

ずっと、、できる範囲の支援をすることでしょうか・・・・・・・。。


一日もはやい、復興をいつも願ってます。。


v-519
非公開コメント