FC2ブログ

心なごませるもの

D80asa0123 152-sひなたぼっこ

 今日は,ちょっと枕草子風に。
 ちなみに枕草子では,冬の段は「冬は早朝(つとめて)。雪の降りたるは,言うべきにもあらず,霜のいと白きも,・・・つきづきし。」で始まります。
 大庭みな子の少年少女向け現代語訳では,
「冬は早朝。雪が降り積もったらなおさらだけれど」になり,
 橋本治の桃尻語訳では
「冬は早朝よ。雪が降ったのなんか,たまんないわ。霜がすんごく白いのも。」脱線ついでに,「わろし」は,桃尻語では「ダサイのッ!」ってなってます。
 
 心なごませるもの

 小さき子供の覚束なく歩く様

 部屋に差し込みたる冬日の木の影

 冬日の中でゆっくりと舞い落ちる雪

 日干しした布団の香り

 薄い青空が冬の雲間に見えたとき

 雪降り積もりたる朝のくぐもった静けさ
 
桃尻語評
「チョー,ダサ。」

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント