FC2ブログ

ベニマシコ-伊豆沼の放射能調査から-

長沼小鳥12.28 225-2trs雪の野原をバックに
長沼小鳥12.28 163sおっ。雪を蹴散らしていますよ。
長沼小鳥12.28 718-2trss毛深いです
長沼小鳥12.28 701ss正面顔 猿に似てますか
 今日はベニマシコです。雪景色の中での赤い色は,きれいで目立ちます。寒さが増すにつれて赤い色はますます鮮やかになっていきます。朝早くからフィフィと泣きながら飛び回り,セイタカアワダチソウの実などを食べています。

 ところでちょっとショッキングなニュースを見ました。伊豆沼の放射能調査の結果です。非常に高い検出値です。
伊豆沼の沼出口の底質でセシウム合計値で900ベクレル/kg、周辺土壌で790ベクレル/kg検出されました。・・・伊豆沼のオオクチバスから66ベクレル/kg、上流ため池のギンブナから54ベクレル/kg検出されました。同時に発表された水産物20品目の中で突出して高い数値となっています。
この記事の載った「伊豆沼風景」は こちら 

これはチェルノブイリ原発事故では放射能管理区域になるほどの高い値なんだそうです。大気中の数値が問題ないからと言って安心できません。もともと岩手や栗駒にホットスポットがあることは知られていました。そのホットスポットから流れて蓄積された結果とみてもいいでしょう。
 しかし,放射性物質の摂取上限が5倍厳しくなったとは言え,
「年間1ミリシーベルト」は、食品に含まれる放射性物質の健康影響について検討していた食品安全委員会が「おおむね生涯累積100ミリシーベルト以上で健康への影響が見いだされる」とする評価書を厚労省に答申したことを受けた措置。人生80年と仮定すると、単純計算で年間1.25ミリシーベルトだが、さらに厳しい数値となる。
伊豆沼のエビや魚などはどうなるのだろう。
上記にある伊豆沼で捕れたギンブナ(54ベクレル)を3日に一度ずつ500グラムずつ食べたとして年間摂取量は計算すると「59.4 μSv」となる。(計算式は こちら )
 伊豆沼の漁業にも大きな影響が出るのではないでしょうか。例えば我が家のお正月のエビ餅。沼エビを使ってましたが・・・。すごく心配です。またその魚を食べた鳥への影響はと考えると,全体への影響が懸念されます。これからも結果に注目して行かなくてはいけません。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: 今年もお世話になりました

> 伊豆沼の放射能 心配ですね
> 昨日までと景色が変わらないのに
> 見えないところで 木々や小さな動物たちに
> 影響があると思うと 切なくなります
> 今を生きる 大人として 考えなければいけない問題ですね
> 今年も沢山の ネイチャーフォトをありがとうございました
> 来年もよろしく御願いたします^^

Plateauさん。
いつもコメントありがとうございました。
今年もお世話になりました。
来年も鳥,星,山と深化した写真が撮れたらなあと思っています。
来年もよろしくお願いします。
まずは,よいお歳を。


Re: 雪に似合う小鳥達・・・

> やはり、雪に似合う鳥っていますね。
> これら、アトリ科の鳥達もそうです。
> 冬鳥として、渡ってきて群れで、単独で暮らします。
> 雪が晴れると活発に行動します。
> 静かな、雪景色の中に・・・
> 囀りを頼りに、探鳥する楽しみをくれる小鳥たちです。
>   ありがとうございました。
>   ※放射能は、よくわからないから怖いのです。
>    私は、何でも、何処のモノでも受け入れています。
>    子ども達には、レベルの高いモノは否定されるべきでしょう。
>    しかし、判らなくて漠然と出る風評は肯定できません。

伊豆沼の放射能検査結果はショックでした。
セシウムも半減期は2年
これからどんな影響が起こるか,心配です。
ハクガンが見たくて,お正月秋田に行けたらなあと思っています。

今年もお世話になりました

伊豆沼の放射能 心配ですね

昨日までと景色が変わらないのに
見えないところで 木々や小さな動物たちに
影響があると思うと 切なくなります

今を生きる 大人として 考えなければいけない問題ですね

今年も沢山の ネイチャーフォトをありがとうございました
来年もよろしく御願いたします^^

雪に似合う小鳥達・・・

やはり、雪に似合う鳥っていますね。

これら、アトリ科の鳥達もそうです。
冬鳥として、渡ってきて群れで、単独で暮らします。

雪が晴れると活発に行動します。

静かな、雪景色の中に・・・
囀りを頼りに、探鳥する楽しみをくれる小鳥たちです。


  ありがとうございました。

  ※放射能は、よくわからないから怖いのです。
   私は、何でも、何処のモノでも受け入れています。
   子ども達には、レベルの高いモノは否定されるべきでしょう。
   しかし、判らなくて漠然と出る風評は肯定できません。







非公開コメント