FC2ブログ

あのコミミズクは雌でした

21.jpg
1/6に見たコミミズク
 やっとコミミズクに会えたお話は1月6日の記事に載せましたが,今日は,その後日談になります。

 昨年高橋さんが撮っていたコミミズクの写真を伊豆沼・内沼サンクチュアリーセンター新田館で見ると,コミミズクの左羽の中央部に抜けた部分がある個体だということが分かっていました。争っていて,傷めたのかもしれません。そこで,1月6日に出たコミミズクは同じ個体なのだろうか,という話に自然になります。
コミミズク1.6 143sコミミズクの横顔
 そこで,飛ぶときに左羽に気をつけて見ようということは頭にありましたが,何しろ興奮していたものですから,適当な写真は1枚しか撮れませんでした。ところが,この写真がオス,メスの判別に役立っていたのです。
コミミズク1.6 006ss-2この羽の黒斑が雌です
 写真のように羽のこの部分に黒斑があるのが雌なんだそうです。
 高橋さんから貸してもらった雑誌「週刊 野鳥の世界 51」の識別マニュアルにはコミミズクの雌には「下雨覆(したあまおおい)に,はっきりとした斑がある」と書かれています。
野鳥の世界全国版     2011年 9/6号  [分冊百科]野鳥の世界全国版 2011年 9/6号 [分冊百科]
(2011/08/23)
不明

商品詳細を見る

 左羽が傷ついていないかを確認するために撮っただけの写真が,雄雌の識別のポイントも写っていたということで初心者の私にとっては,また新しい発見となりました。嬉しい限りです。いつも野鳥の魅力を,優しく教えてくれる利喜雄さん,孝喜さん,高橋さんにお礼を言いたいです。
 さて,写真を見ると左羽はきれいです。
 とすると,年末に見た左羽の傷ついたコミミズクと今回見たコミミズクと,伊豆沼のあの周辺には,少なくとも2羽のコミミズクがいて,1羽はメスだということになります。
 今度出会えたときに更に新しい発見があるかもしれません。
 あっ。時間です。それじゃ行ってきます。今日は出てくれるかな。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

> コミミズク、素晴らしいです!
> やはり撮りたいという執念の賜ですね!
>
> うらやましい半面、知っている方がこうやって見つけてくれると嬉しいものです。
> 良かったです(^.^)

一颯さん。いつもありがとうございます。
やっと撮れました。
鳥の世界の深さと醍醐味を知り,楽しいです。
雪の方大丈夫ですか。

コミミズク、素晴らしいです!
やはり撮りたいという執念の賜ですね!

うらやましい半面、知っている方がこうやって見つけてくれると嬉しいものです。
良かったです(^.^)
非公開コメント