FC2ブログ

展望図をつくりましょう

栗駒山4.15-3 231-2 コピーs栗駒山から西側を望む
 山に登ると見渡す限りの展望。時を忘れて彼方の山に見入ったりします。しかし,何回登っても記録やスケッチを取らないと,「あれ,この山はなんだっけ。」と分からないまま終わってしまうこともよくあります。折角登った山だから,その展望を十分に楽しみたいものです。最近のガイドブックでは,頂上からの展望図をちゃんと載せているものもあり,実際の展望ですごく重宝します。
 そこで私は登山の前後に,「カシミール」というソフトで,眺望できる山を調べてみることをします。実際,栗駒山に登って東西南北に広がる山々が何という名前なのかは知っておかなくてはいけないからです。
例えば先日登った栗駒山の西側に広がる山々を同定するためにカシミールで調べました。
栗駒山-3ペイント上の写真の画角に合わせた展望図
 このようになります。これで見えた山々が何という山だったのかが分かります。
栗駒山4.15-3 261-2 コピー-2s栗駒山から北側を見る
 焼石岳は分かりますが,稜線上の小さなピークは分かりません。そこでまた展望図をつくってみました。
栗駒山-1焼石上の写真の画角に合わせた栗駒山から北側に見える山々の展望図
 どうでしょうか。分かりやすくなりました。
 この展望図をもって山に登れば,頂上でわからない山を同定する楽しみが湧いてくるでしょう。また,撮った写真を調べるときにも役立つはずです。
 このカシミールというソフトは,地図から生成するので正確です。しかも地図をその時々にオンラインでダウンロードするので,ハードへの負担も少なくてすみます。また,太陽や月の動きもシュミレーションできるので,いよいよ迫った金環日食の撮影にも重宝します。
 例えば,栗駒山を入れて,日食を撮影するとして次のようになります。
栗駒金環日食tr
栗駒山西軽井沢山より見た金環日食
 なかなかすぐれもののソフトですね。
 価格は本屋さんで売っていて,2400円でした。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

>  こんばんは!カシミールのソフトはうちにもあります^^
>
>  金環日食の撮影では何か特殊なフィルターを通しての撮影ですか?自分も仕事が休みになれば、撮影したいなぁと思っていました♪

昔買った赤外フィルターで間に合わせます。
また太陽観察めがねをレンズの前に置いてもいいかも。

 こんばんは!カシミールのソフトはうちにもあります^^

 金環日食の撮影では何か特殊なフィルターを通しての撮影ですか?自分も仕事が休みになれば、撮影したいなぁと思っていました♪
非公開コメント