坂上田村麻呂伝説を探る

土曜気仙沼線 072-2s
夕暮れに遠ざかる明かり(7/15) 気仙沼線

◎ 今日の写真はサムネイルで入れました。クリックすると拡大されます。

私が坂上田村麻呂に興味を持ったのは,ダイヤモンド栗駒を調べている時でした。ダイヤモンド富士としてよく知られているように,栗駒山山頂に太陽が懸かる日時を探しているときでした。
丁度,春のお彼岸の中日に栗駒山に太陽が沈む所が見られる場所があったのです。毛越寺の西南西に位置する「達谷の窟」です。
お彼岸の中日の入り日に栗駒山の頂上に太陽が沈むということは,何か偶然ではない計算した上で,この「達谷の窟」が建てられ,毘沙門天が祀られたのではないかと思ってしまいます。
お彼岸の中日に達谷の窟から見て,栗駒山に太陽が沈む様子は下のようになります。

達谷の岩屋
カシミールで再現

ちなみに「達谷の窟」自体がどこにあるのかというと,次の地図をご覧下さい。「達谷の窟」は,毛越寺の西南西にあります。

平泉と達谷の窟

しかし現地で確かめてみたのですが,達谷の窟からは栗駒山自体が尾根に阻まれて見えないのです。窟の上に登れば見えるのかもしれませんが・・・。

古来よりお彼岸の中日の太陽は特別な意味があったことは以前の記事で載せました。少し引用してみます。
『無量寿仏観経』には,精神を統一して浄土と阿弥陀仏や菩薩たちを観想する13の観法が説かれています。その最初の行が「日想観」と言われる集中して沈む太陽を見つめる行です。
みな日没を見よ。まさに想念を起し正坐し西向して、あきらかに日を観じて、心をして堅住ならしめて専想して移らざれば、日の没せんと欲して、状、鼓を懸けたるがごとくなるを見るべし。すでに日を見ること已らば、閉目・開目に、みな明了ならしめよ。これを日想とし、名づけて初めの観といふ。
聖徳太子が創建した四天王寺の辺りは大阪湾の方向に沈む夕日を眺める絶好の場所で,毎年春分の日と秋分の日に日想観の法要が執り行われます。沈む夕陽から阿弥陀如来が現われるという信仰は美しい作品も生み出してきました。また太陽や月に合わせて阿弥陀様が現われる山越阿弥陀来迎図です。
国宝もありますが,折口信夫が冷泉為恭筆の阿弥陀来迎図について書いていますから,見てみましょう。
「四天王寺西門は、昔から謂われている、極楽東門に向っているところで、彼岸の夕、西の方海遠く入る日を拝む人の群集したこと、凡そ七百年ほどの歴史を経て、今も尚若干の人々は、淡路の島は愚か、海の波すら見えぬ、煤ふる西の宮に向って、くるめき入る日を見送りに出る。此種の日想観なら、「弱法師よろぼうし」の上にも見えていた。舞台を何とも謂えぬ情趣に整えていると共に、梅の花咲き散る頃の優なる季節感が靡なびきかかっている。「山越しの阿弥陀像の画因」から」

現在の四天王寺で行われている日想観法要は2001年に復活したそうですから一旦なくなっていた行事が再興されたんですね。お彼岸の中日に執り行われるこの法要は何も寺だけでなく,庶民でも「日迎え・日送り」の行事として一般に行われていたことでした。
この場所で坂上田村麻呂が悪路王,赤頭,(高丸は吾妻鏡に記載なし)を退治して毘沙門天を祀ったということです。そしてこの話は源頼朝が達谷の窟を訪れた文治5年(1189)9月28日の記事が最初です。

満月土曜 158-2gs
夕暮れに走る

私自身は達谷の窟という場所がもともと日想観などの太陽信仰上,重要な位置に置かれたこと。その場所と坂上田村麻呂の平定した事実とが結びついてはいないか。頼朝にとっても立ち寄らなくては行けない場所だからこそ文治5年(1189)9月28日にこの地に来たのでしょう。それほど重要な場所であった。頼朝にすれば征夷大将軍になった者はみな坂上田村麻呂由来の寺,この東北では達谷の窟を表敬訪問するという習わしに従ったのかもしれません。それ程に坂上田村麻呂の存在が大きかったのでしょう。

昨日の登米市歴史博物館で行われた 歴史講演会「仙台藩北部の田村麻呂伝説―地誌と語り物にみる―」に参加しました。テーマは「江戸時代の仙台藩の地誌と奥浄瑠璃語りから田村麻呂伝説の地域の展開}をお話するというものでした。
このお話からすると東北に田村麻呂伝説を語る神社がなぜこれほど多いのかが分かります。表にしてみました。

「神社名鑑」に出て来た東夷,田村麻呂を語る神社数
                          県名                                  神社数                                 蝦夷征伐を語る神社数                                            田村麻呂伝説を語る神社数
 青森県  791513
岩手県661910
宮城県1224316
秋田県1091712
山形県145301(源義家18)
福島県993610
これほどに田村麻呂が神社の縁起の中に残っているのはどうしてなのでしょう。
逆に,これほどの偏りにも似た統一性に意味がありそうだと考えてしまいます。廃仏毀釈の明治維新を乗り越えるときに大きな淘汰が働いたとみていいでしょう。一村に山伏の寺が二つ,各宗派の寺もあったといいます。現代に生き残るために寺社が縁起の洗い出しや編纂を重ねた結果ある程度の統一性が生まれ,田村麻呂伝説がこのように強力に生き残る要因になったとは言えないでしょうか。それにしても田村麻呂伝説が東北の土台に奥深くに根付いていた事実は確かなことでしょう。


月曜十六夜の月 117-2s
十六夜の月

この田村麻呂伝説をひもとくことは東北の土台を明らかにする上で大切なキーワードになることは確かです。
例えば田村麻呂伝説の出所と異同を確かめていくと,その共通性は北上川沿いにある天台宗,白山神社,山伏,廻国聖,奈良長谷寺と繋がっていきます。各寺院の宗派は時代につれて改宗している寺も多いので,基本は天台宗だと考えています。それは今でも「鬼」というキーワードを大切にした天台宗のの岳こん峰寺に残る鬼やらいや観音信仰,七観音信仰と結びついて幾重にも絡まりながら現代に至っているのでしょう。その絡まりをゆっくりとほどいていくことが大切なのだと思います。



にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

秘仏 大嶽山観世音開帳-坂上田村麻呂伝説を探る-

土曜気仙沼線 249-2s
昨夜(7/15)の気仙沼線 上り最終電車

河北新報に掲載された田束山(たつがねさん)のヒメボタルをみたいと思うが場所が特定できないで過ごした。今日は現地へ行ってみたいと思う。

さて,以前の記事で登米市歴史博物館での企画展「坂上田村麻呂伝説~東北に息づく田村ガタリ~」 開催期間:平成29年7月1日(土)~平成29年9月24日(日)を紹介しました。
tamuramaro-s.jpg

この企画は東北に残る,特に宮城県北に集中する「坂上田村麻呂英雄伝説」の正体を明らかにするという視点で掘り下げた素晴らしい企画展だと思います。そしてこの企画展は実は33年に一度きりの「大嶽山観世音ご開帳」とシンクロしたタイムリーな企画だという価値もあります。

大嶽山ご開帳大嶽山ご開帳 日程

大嶽山のある登米市のHPでは次のように紹介されています。
奥州三十三観音大嶽山興福寺
【南方町エリア】奥州三十三観音大嶽山興福寺 南方町の大嶽山には「大嶽の観音さん」と呼ばれ親しまれている「奥州三十三観音大嶽山(おおだけさん)興福寺(こうふくじ)」があります。
度重なる焼失で古い記録もなく由緒は不明ですが、一説では平安時代に一帯を支配していた豪族・大武丸(おおだけまる)を807年に征夷大将軍・坂上田村麻呂が討伐。その亡きがらを葬った塚の上に観音堂を建てたのが始まりと伝えられています。
観音堂の内陣には、伊達家の紋章である「竹に雀」が施され、奥には33年に一度だけ開帳される「本尊・秘仏十一面観音菩薩」がまつられています。また、観音堂外側の板壁には、中国の「二十四孝物語」の彫り物が色鮮やかに刻まれ、休日には多くの観光客が訪れます。
そのほか、観音堂の周囲には、薬師堂、白山堂、鐘楼、六角堂などがあり、それぞれ歴史を感じさせています。
毎年4月には大嶽山春まつりが開催され、「稚児(ちご)行列」などが行われます。
太字にした「奥には33年に一度だけ開帳される「本尊・秘仏十一面観音菩薩」がまつられています。」という「本尊・秘仏十一面観音菩薩」が今年開帳されるというわけです。

金曜気仙沼線 227-2ss
午後10時13分 下り   (北)新田駅

これに伴い登米市歴史博物館では
★ 歴史講演会「仙台藩北部の田村麻呂伝説―地誌と語り物にみる―」 ★
江戸時代の仙台藩の地誌と奥浄瑠璃語りから田村麻呂伝説の地域の展開をお話します。
【講 師】菊池 勇夫 氏(宮城学院女子大学 一般教育部教授)
【日 時】平成29年7月16日(日) 午後1時00分~午後3時00分
という企画もありますし明日17日には現地説明会ツアーも行われます。

郷土の歴史の大切な部分をひもとく企画ですので出かけてみるのもいいですね。



にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へにほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

夕暮れの閃光

金曜気仙沼線 053-2s
夕暮れの閃光

今の季節は山も一斉に花が咲いて,各地の里山ではホタルの季節です。どっちにも行きたくてうずうずしているのですが,順番を決めて資料は集めたり,調べたりしますが気持ちだけが先走っているようです。まあぼちぼちと近場から回ります。暑いですが楽しみを持って夏を過ごしたいものですね。本も枕元にうず高く積まれた状態になっています。

居待ち月-2s
坂の上に昇る居待ち月 7/11撮影

河北新報に田束山(たつがねさん)のヒメボタルの写真が載っていました。近くなので行ってみたいと思い,地元の南三陸観光協会に電話してみました。
すると返事は「環境保全のため,教えられません」との返事です。

なるほど確かにそうだと思いました。この時代,いいところはまたたく間に人に占領されてしまうのです。自分で苦労して見付ける労力もまた自然に入っていくためのルールなのかもしれません。自分の秘密の場所は苦労して自分の足でかせいで見付けましょう。

金曜鉄橋-2gs
晴れた空見上げて


鉄道シーンを撮るようになって2年目ですが,鉄則があって電子表示が切れないで,全車両が構図に入っていて,端正に撮れていること,車両に光が適度に回っていること等,条件がたくさんあることが分かってきました。私はどちらかというと日中は仕事なので星や月などを絡めた夜のシーンが多くなります。その中で表現したいと思っていますから,言わばルール違反から始まっているようなものです。自分には「自由に撮れればそれでいいや」という妙な開き直りもあり,その点でいましめながら撮らないといけないという気持ちにもなっています。



にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

最終電車過ぎ十六夜の月は昇る

十六夜最終-2gs
一枚撮りの3分半

月の出を待っている
夕方から宵の口あたりに出る月が
思わぬ所から出てくると
それもまたおもしろく感じる

月曜十六夜の月 080-2gs
停車中

いつも田んぼの中や草むらから撮っている電車だが,駅で夕暮れを待ちながら撮るのも
またいい。日が沈む頃から薄暮の終わりの色が一日の終わりを彩っている。




にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ